マンガマニアによる、スマホ漫画ネタバレ&感想&あらすじ♥

漫画【外れたみんなの頭のネジ】感想・ネタバレ・好き嫌いが別れる「外ネジ」。確かにみんな外れてる!

はずれたネジ

mangamania
元書店員漫画マニアママです!

今日もお付き合い下さい

 

 

スポンサーリンク


 

感想・読み手

「ホラー、ミステリー、コメディ?色んな楽しみ方が出来る外ネジ」

 

今日ご紹介するのは「外れたみんなの頭のネジ」という作品。

 

結構ネットで話題になっており、さっそく私も読んでみました。

 

まぁ、分類から言うとホラーに
なるんですが、これがまた独特の
絵柄と世界観なもので、好き嫌いがハッキリ分かれる作風ですね。

 

系統としては、人気ホラー漫画家の
高橋葉介先生の「学校怪談」や
中山昌亮先生の「不安の種」なんかに似てる気がします。

 

上記の作品も、何気ない日常の中に
突然湧いてきた不条理な恐怖を短編
オムニバス形式に描いていますが、この作品もそんな感じですね。

 

中々、文章で表現するのが
難しいんですが、オチがなく
何だかあやふやな感じの奇妙さを
残し、読者の不安を煽る様な構成なんです。

人なのか人外なのか、マトモ
なのか狂ってるのか…

 

とにかく狂人達のオンパレードで、その正体がハッキリとしない所に恐怖を感じます。

 

またオムニバス形式の
ホラーではあるのですが、
主人公の周囲が突然ある時を
境に狂ってしまうという設定の為、謎や伏線も存在します。

 

その為、見方によってはミステリーという見方もできるワケです。

 

しかもこういう独特の
オムニバスホラーって
ブラックコメディーとして見る事も出来ますよね。

はずれたネジ

 

特に絵柄も独特ですし、
主人公と悪魔のやり取りが
微妙に笑えたりします
(この悪魔が「よんでますよアザゼルさん」に出てきそうな悪魔なんで思わず吹いてしまいました)。

 

オムニバスとして暇潰しに
読むのも良し、ミステリーとしてじっくり読むのも良し。

はずれたネジ

 

ホラー・ミステリー・ブラックコメディ…
と読者によって楽しみ方が変わる、
一風変わった「外れたみんなの頭のネジ」。

 

賛否両論分かれる作品では
ありますが、意外にも読んでみると
その独特の世界観にハマってしまうかもしれません。

 

試し読みという方法もありますので、
一度覗いてみられてはいかがでしょうか。

 

↓↓↓こちらで無料試し読みができます↓↓↓

>>>まんが王国<<<

【外れたみんなの頭のネジ】と検索して下さい。

 


 

あらすじ

「狂ったのは周囲か…それとも自分自身なのか…」

 

それではこの賛否両論わかれる
「外れたみんなの頭のネジ」の一話目のあらすじをご紹介したいと思います。

 

主人公は女子中学生の七緒ミサキ。

 

そんな彼女は突如として日常に違和感を感じ始めます。

 

そぅ、優しかったご近所の
おばさんは、壁に向かってブツブツ
しゃべり…交番にいた好青年の
おまわりさんは、人を撃つマネをし奇声を上げる。

 

何故だか自分以外の人間が
少しづつ狂っていってる気がするのです。

 

気づけば、街から見える山の中に鉄塔が建った頃からの様な…。

 

周囲が狂ってきた影響からか、
ミサキにも奇妙なものが視えはじめます。

 

それは自身の部屋に悪魔
みたいなものが現れる様になったのです。

 

悪魔は一見カバの様な顔で、
何故だか執事の格好をしています。

 

そしてそのカバ悪魔はミサキに訊ねます。

 

「ホントに周りが狂ってるのか?
オレが視えちゃってるわけだし、
狂ってるのはお前の方じゃないのか…」と。

 

その言葉に反論する様に
ミサキは、ここ最近自分の
身の回りで起きた、奇妙な
出来事をカバ悪魔に話しはじめるのです。

 

一か月前、ミサキの下駄箱に
一通の手紙が入っていました、
もちろん送り主は不明。

 

ラブレターかと思い開けて
みると中には「七緒ミサキへ。
あんたなんか大キライ。死ね」と書いてあります。

 

何とも不愉快な内容に
ミサキは手紙を破り捨てる
のですが、その次の日にも
手紙が入っていました。

 

しかも今回は「やっぱりあなたがスキ。大スキ」と。

 

そして毎日の様に手紙は
入っており、内容はスキと
キライと交互に書かれているのです。

 

そしてある日、いつもの様に
手紙を見てみると「あなたの
事どう思ってるか、あたしの中で
多数決しました結果…」と書かれて
おり、次の手紙には紙一面に「スキ」
の文字はびっしりと書かれているのです。

 

見るからに常軌を逸していると
思ったミサキは、同級生や担任に
手紙を見せて相談します。

 

しかし、相談した皆の反応は
ミサキの予想を遥かに超える反応だったのです…。

 

↓↓↓こちらで無料試し読みができます↓↓↓

>>>まんが王国<<<

【外れたみんなの頭のネジ】と検索して下さい。

 


 

ネタバレ・登場人物

「狂気の世界の救世主はカバ悪魔」

 

さて、ミサキのラブレターを
見たクラスメートや担任の反応は
皆さんの目で確かめて頂くとして、
この後もミサキの周囲は狂人ばかり。

 

ここからは、若干のネタバレ含んだ
話しになりますので、ネタバレNGな方はご注意下さい。

 

ミサキの話しを聞いたカバ悪魔は、
周囲が狂ってるかもしれない事を示唆します。

 

その時に悪魔の額にもぅ一つの目が開きかけます。

 

どうやら額の目は、悪魔の
信じる心を糧にして開くものであり、
開ききればその目の魔力でミサキの
周囲の人間を正気に戻す手助けをしてくれるというのです。

 

それを聞いたミサキは、こうなりゃ
ヤケとばかりに悪魔と共に生活し、
日々の日常に紛れこむ狂人達の話しを聞かせていくのです。

 

それはもぅ、大小さまざまな奇妙な
出来事ばかりで、ある日突然
ヌイグルミに当たり散らす様になるクラスメートの優等生。

 

最終的に謎のままに終わる、図書室に置かれたビクの生首という本。

 

親友の耳に異常な執着を持つクラスメート。

 

全身に「み」という文字を書いた変態おじさん。

 

ゆるキャラの着ぐるみを来てる、
痩せこけた女性…と、何とも変人・奇人のオンパレード。

 

私的には「かわいいオバサン」が
今までで一番ゾクッときました。

 

ありきたりですし、話しのオチも
想像出来るんですが、この作品の
独特の絵柄と妙にマッチして背筋がゾクッとなりました。

 

そしてこの作品の最大の謎
である「いつから周囲が狂ったのか?」
という伏線も至る所に散りばめられていて、
どうも6月13日に何かがあった事をミサキは突き止めます。

 

果たしてこの世界の6月13日に
何が起き、誰がどんな意図で
ミサキ以外の人間を狂わせてしまったのか…気になりませんか?

 

気になる方はこちら。。

↓↓無料試し読みができます↓↓

>>> まんが王国 <<<

【外れたみんなの頭のネジ】検索してください。

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

漫画カテゴリー