マンガマニアによる、スマホ漫画ネタバレ&感想&あらすじ♥

まんが【響 小説家になる方法】マンガ大賞2017受賞作!鉛筆を目に刺す新人賞作家現るっ!!

hibiki

mangamania
元書店員漫画マニアママです!

今日もお付き合い下さい

スポンサーリンク


感想

「狂犬主人公から目が離せない」

先日「マンガ大賞2017」の受賞式が
開催され、今日ご紹介する「響 小説家になる方法」が見事に大賞として選ばれました。

hibiki

 

私も連載当初から読んでる漫画で、
かなりクセのある主人公に魅了されています。

 

この子がまた、何と言いますか
見た目と中身のギャップは勿論の事…
強烈なんですよ。色々と。

 

正直、こんな豪快で強い主人公は見た事ないです。

 

一言で表すなら、まさしく「狂犬」って所でしょうか(笑)。

 

今まで「バクマン」「アオイホノオ」
「RIN」や「俺はまだ本気出してないだけ」等の
漫画家や漫画業界をテーマにもってくる漫画はたくさんありました。

 

が、この作品は「小説家」…ましてや
「純文学」をテーマに持ってきてる、
これまでにない異色な珍しい漫画なんです。

 

だからと言って、「小説家になる方法」と
書いてはありますが、小説家になる為の
ハウツー本というワケではありません。

 

この辺、勘違いされる方とても多いです。
…まぁ、そういう私も勘違いして
読み始めた口なので、エラソーな事言えないんですけどね。

 

その為、誤解して読んだ私、
かなり裏切られました…良い意味で。

 

キャラクターにしても内容にしても、
私の予想をことごとく裏切り、遥か斜め上をいくこの作品。

 

「純文学なんて地味」とか思ってる方
いらっしゃいませんか?

 

そんな方にこそ読んで頂きたい
作品となっていますので、是非手に取って頂きたいと思います。

 

 

↓↓↓こちらで無料試し読みができます↓↓↓

>>>まんが王国<<<

【響 小説家になる方法】と検索して下さい。


 

 

あらすじ

「低迷する文学界の革命児は現役JK」

 

それでは、この「響 小説家になる方法」の
簡単なあらすじからお話ししたいと思います。

 

近年、漫画が売れないと言われて
いますが、それは文芸も同じ事。

 

「何だったら売れるんだよ」…

 

某出版社で編集部員の大坪(オオツボ)と
巻田(マキタ)は、芥川賞作家の初週売り上げの部数に愕然とします。

 

最近は、超大御所作家や話題性のある
受賞作でもなかなか売れない出版業界。

 

毎年の様に売り上げは右肩下がりで、どうする事も出来ません。

 

「チャンスだと思います」。

 

そんな二人の落胆した空気を
かき消すかの様に、口を開いたのは
新人編集者の花井(ハナイ)という女性です。

 

花井は、昨今の出版不況はスターの
現れる前兆であり、今に現在の文学界に
革命を起こす新人が現れるというのです。

 

先輩である巻田は「これじゃないのは
確かだけど」と、分厚い茶封筒をゴミ箱に捨てます。

hibiki

 

それは手書きの原稿であり、新人賞に
応募してきた作品だったのです。

 

近年の新人賞の募集要領は
ネットからのデータ応募が普通。

 

例え出来の良い小説でも、募集要領も
守れない作家とは一緒に仕事出来ないと、
巻田は読みもせずに捨てたのでした。

 

何故かその作品が気になる花井。

 

巻田からその原稿を譲り受け、
どんな人物が書いたものか確認します。

 

するとそこには鮎喰響(アクイ ヒビキ)
という名前だけで、住所・年齢はおろか
連絡先すら書いてなかったのです。

 

大坪は「応募する気あるのか、そいつ」と、
呆れ果てますが、花井は食い入る様に
その原稿に読みハマってしまいます。

 

そして読み終えた花井は、この作家
こそ文学界の革命児になると、
響を探す事に奔走するのです。

 

そしてやっと見つけた鮎喰響とは
本名で、15歳の地味な眼鏡少女だったのです。

 

 

↓↓↓こちらで無料試し読みができます↓↓↓

>>>まんが王国<<<

【響 小説家になる方法】と検索して下さい。


 

 

ネタバレ・見所

「文学界の風雲児は予測不能」

 

さて主人公でもある響なんですが、
見た目は黒髪ボブに眼鏡姿の華奢な女の子。

 

どちらかと言うと、おとなしい優等生タイプといった所です。

 

「純文学」をテーマにしてるだけあって、
典型的な文学少女って感じですね。

 

しかし、読み進める度にこの響が
とんでもない困ったちゃんと言う事が、
どんどん浮彫りになってきます。

 

ここからはこの作品のネタバレ
含んでお話ししていきますので、
ネタバレNGの方は回れ右でお願いします。

 

出版社で花井が響の作品に
読みはまっていた頃、当の
本人は高校生活初日を迎えていました。

 

寡黙な響は常に本を読んでおり、
周囲の人間とまったく話しません。

 

とゆーか、関心がない感じです。

 

唯一、しゃべる人間と言えば、
幼馴染らしき涼太郎(リョウタロウ)のみです。

 

涼太郎も響が誰とも話さないので心配します。

 

しかし響は、余計なお世話とばかりに
「保護者ヅラしないで」と、涼太郎に厳しく言い放つのでした。

 

響達が通う高校は、部活への
入部が必須となっており、
響と涼太郎は文芸部へと見学に行きます。

 

しかし、そこにいたのはギャル風の
女子高生とタバコ吸ってるヤンキー集団。

 

どうやら文芸部はヤンキーの
たまり場になっており、部としては
活動してない模様です。

 

案の定、一番ゴツイ体格の
タカヤという先輩に出て行く様、凄まれます。

 

普通だったら諦めて新しく部を
立ち上げるとか、ヤンキー達に
熱意が通じて文芸部再始動って
感じを予想するんでしょうが…この作品は違いますよ。

 

明らかに強面な先輩ヤンキーに
凄まれても、響は一歩も引きません。

hibiki

 

それどころか「殺す」と言われて、
先輩の手の小指はあっさり折るし、
ボールペン片手に相手の目を狙って威嚇。

 

無表情でサラッとやってしまうから、ビックリ。

 

この見た目と行動のギャップが凄すぎる。

 

しかも、そのやりすぎ行為を
涼太郎に咎められても、殺すと
言われたからヤッただけ、それの
何が悪いんだ…って、感じでまったく反省してません。

 

いや〜、天才は変人が多いと
聞きますが、この異常さは変人の
域を超えてるんじゃないでしょうかね…。

 

この後も色々やらかしてくれるんですね。

 

そんな奇人変人の響。

 

この後、花井のおかげ
(この人の気苦労は計り知れません)
もあって無事に「小説家」としてデビューし、新人賞も獲っちゃいます。

 

しかも、その才能に数々の受賞履歴の
ある作家達や「小説家」を目指す者達に、
多大な影響を与えていくんです。

 

その辺りが上手く表現されていて、
この「響 小説家になる方法」の一番の見所だと思います。

 

賛否両論分かれる作品で、
万人受けはしにくい作品ですが、
じわじわくる面白さがクセになる作品です。

 

 

気になる方はこちら。。

↓↓↓こちらで無料試し読みができます↓↓↓

>>>まんが王国<<<

【響 小説家になる方法】と検索して下さい。

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

漫画カテゴリー