マンガマニアによる、スマホ漫画ネタバレ&感想&あらすじ♥

漫画【新・児童養護施設の子どもたち】ネグレクト漫画/虐待漫画/切ない現実。

新・児童養護施設の子どもたち

mangamania

元書店員漫画マニアママです!

今日もお付き合い下さい

 

「母親よりもゴキブリの記憶しかない少女」

新年早々、えらくヘビーな漫画を見て、
少々ヘコんでしまいました(笑)。
それが今回ご紹介する「新・児童養護施設の子どもたち」です。

 

まずは、試し読みはいかがですか?

只今、先行配信中!

↓↓無料試し読みができます↓↓

>>> まんが王国 <<<

【児童養護】検索してください。
 
 

タイトルが児童養護施設という事なので、
テーマは「児童虐待」です。

 

ヘコむと分かっていながらも、
やはり気になって読んでしまうんですよね〜。
 

以前にも「ちいさいひと」という「児童虐待」を
扱った漫画をご紹介したのですが、
その漫画よりもかなりヘビーな漫画に
なっていますので、気になる方は覚悟して下さい。

 

では、「新・児童養護施設」の簡単なあらすじです。

 

主人公の擁子(ヨウコ)は、母子家庭
育った少女で、そんな擁子の回想から物語は始まります。

 

擁子の幼い頃の記憶と言えば、
母の顔よりも部屋中に散乱した
ゴミの山と部屋中を這い回る無数のゴキブリ達です。

 

母親は家事や育児を一切しない為、
擁子は母親にゴミ屋敷でネグレクト(育児放棄)を受けていたのです。
 

家中の電化製品は壊れ、食事は母が
買ってきたものか、なければゴミの山を漁る始末。
 

お風呂は壊れており、風呂に入る事も
着替える習慣もありません。

 

ゴミだらけの部屋なので、布団を
敷いて寝る事もなく、ゴミ袋の上に眠る生活です。
 

そんな生活をしていた擁子ですが、
母が風俗の仕事に行く時には24時間の保育所に預けられていました。
 

擁子にとって保育園は、まさに天国でした。
ご飯やおやつはたくさん出て来るし、
きちんと布団の上で寝る事も出来ます。

 

新しい洋服に着替える事も出来ます。
保育園は擁子にとってマトモな
生活が出来る場所であり、唯一のライフラインだったのです。
 

しかしそんなある日、母親は「仕事を辞めたから、
保育園には行かなくていい」と言い出します。

 

擁子はその言葉に戸惑います。
 

その戸惑った表情を見逃さなかった母親は、
擁子に暴力を振るい「子どもなんてウザイ!せっかく育ててやってんのに、恩知らず」。と言って出て行ってしまうのです…。

 

せつないです。。。

 

気になる方はこちら。。

只今、先行配信中!
↓↓無料試し読みができます↓↓

>>> まんが王国 <<<

【児童養護】検索してください。

スポンサーリンク


 
 
 

関連記事

漫画カテゴリー