マンガマニアによる、スマホ漫画ネタバレ&感想&あらすじ♥

まんが【神さまの怨結び】【神様のおんむすび】ネタバレ・エロホラー!毎回SEXで呪いをかけるなんて!

mangamania
元書店員漫画マニアママです!

今日もお付き合い下さい


感想・読み手

「エロくて哀愁漂う、大人向けリベンジホラー」

 

今日ご紹介するのはチャンピオンREDで
名作と話題になってる「神様の怨結び」です。

 

最近、純愛モノやラブ要素強めの作品を
ご紹介してましたので、久しぶりにホラー要素強めの作品を選んでみました。

 

作者の守月先生の描く女の子が、
少々ロリ入ってますが皆美少女ばかり。

 

それだけでも一見の価値アリなんですが、
ストーリー上、毎回SEXシーンもありエロも十分楽しめる作品となっています。

 

この登場人物達の少女達の体がまたエロい!

 

ふんわりした細い線で少女達の曲線が
描かれてるんですが、胸はプルンっと張りがあり、
それでいてマシュマロの様に柔らかい感じが表現されています。

 

これは私が男であれば、むしゃぶり
つきたい衝動にかられる程です。

 

こんな風に書くと、エロ本と
勘違いされるかもしれませんが、
ストーリーは至ってシリアスでダーク!

 

しかもホラーのジャンルには
当てハマりますが、内容見る限りでは
「地獄少女」や以前ご紹介した
「林檎裁判」の様に「呪い」を
使った少女達の復讐劇となっています。

 

この「神様の怨結び」も基本
オムニバス形式ですし、各話の
終わり方も後味の悪い感じの終わり方になっています。

 

「地獄少女」や「林檎裁判」も少女達は幸せになってませんからね…。

 

と言っても、上記で述べた様に
青年誌で掲載されてるだけあって、
上記の挙げた作品に比べるとエロは
かなり強いし、後味の悪さは更に
パワーアップしてる作品となっています。

 

特に女性の方で画が可愛いからと
言って、安易に手を出すとエロが
苦手な方は後悔しますのでご注意下さいね。

 

反対にエロ大好きな方や私の様に
TL誌がお好きな方には、おススメな作品だと思います。

 

 

↓↓↓こちらで無料試し読みができます↓↓↓

>>>BookLive!<<<

【神さまの怨結び】と検索して下さい。


あらすじ

「神社にいたのは神か悪魔か…」

 

かなりダークな展開のこの
「神様の怨結び」という作品。

 

そのタイトル通りのっけから一人の
男が自殺してる所から始まります。

 

しかも神社で…何て罰当たりなんでしょうね。

 

しかもこの男の名前はクビツリ。

 

凄いネーミングセンスなんですが、
まぁそれは置いておいて。

 

クビツリ君は赤縄(セキジョウ)と
いう赤い縄を使って首を吊っており、
それが原因でその神社の神様である
蛇(クチナワ)を目覚めさせてしまうんです。

 

またこのクチナワもエロ全開。

 

全裸に縄のみ!という姿で登場です。

 

しかも少々ロリ体型であり、またその
微乳がエロい(笑)。

 

乳首が見えそうで見えない、
何とも言えぬチラリズムにドキドキです。

 

さてこの赤縄と呼ばれる代物…
古来から縁結びの呪いに使われた道具なんです。

 

男女の足を赤縄でつなぐと、どんな
間柄でも離れられない仲になるとの事。

 

元々は中国の「続玄怪録」と言う故事から
きてるみたいなんですが、その赤縄の慣れの
果てがクチナワなんです。

 

「呪い」の神という事で、立ち位置的には
悪魔に近い感じがします(時々、イッてる顔しますしね)。

 

どうもクビツリ君は、そんなクチナワの
供物になり下僕として使役される事になってしまった様です。

 

実はクチナワは、いたいけな少女達に
「呪い」を与える事で、自身にかけられてる
封印を解く事が出来るらしいのです。

 

そして、その怨みを持つ少女を
クチナワの元に案内するのがクビツリ君の役目なんですね。

 

しかし「呪い」にはやはり代償がつきもの…。

 

クビツリ君はそれを知って
案内役を嫌がりますが、下僕の為拒否する事が出来ません。

 

仕方なく案内するフリして、
クチナワの野望を阻止する為に
少女達に「呪い」を発動させない様に説得してゆくのです。

 

 

↓↓↓こちらで無料試し読みができます↓↓↓

>>>BookLive!<<<

【神様の怨結び】と検索して下さい。


 

 

ネタバレ

「呪いの発動に欠かせないのは…」

 

さて、神か悪魔かわからない
クチナワを阻止する為、怨みを
持つ少女を案内するクビツリ君。

 

少女達に思いとどまる様に
説得を試みるのですが、ぶっきらぼうな彼には難しい。

 

何だかんだで、いたいけな少女達は
次々とクチナワと契約を結び、
「呪い」を発動させていくのです。

 

この「呪い」とは、依頼者の憎む
相手をこの世から消滅してくれるというもの。

 

要は神隠しみたいに、一瞬で相手が消えてしまうんです。

 

しかしその「呪い」を発動させる条件が
R18設定だった為、大変ビックリしました。

 

ここからはネタバレ含んでお話ししたいと
思いますので、ネタバレOKの方のみお付き合い下さい。

 

「呪い」の発動条件…それは、
消したい相手(憎い相手)とSEXする事。

 

クチナワ言わく「怨を結びて縁を切る…
呪う相手と交わり、怨を結ばねばならない」との事。

 

しかも「呪い」が成就した依頼者に
待ち受けるものとは、今後誰とも
結ばれる事がないという哀しい代償だったのです。

 

思春期で男性経験のない少女達は、
あまりにもレベルの高い発動条件に
躊躇しますが、運命とは皮肉なもので、
様々なすれ違いや勘違いから少女達は「呪い」を発動させていきます。

 

例えば一話目の巨乳の櫻(サクラ)ちゃんは
イジワルな幼馴染のエロい嫌がらせに怒って「呪い」を発動させてしまいます。

 

でも、この嫌がらせって周囲から
見れば「好き」の裏返しなんですよ。

 

そうとは知らず、櫻ちゃんは
幼馴染に体を差し出し処女喪失。

 

そして、相手が櫻ちゃんに
告白しようとした瞬間、
消滅してしまうんですね。

 

幼馴染の気持ちも自分の気持ちも
「呪い」発動後に気づき、櫻ちゃんは
泣きながら後悔する事になるのです。。

 

この後出てくる少女達も櫻ちゃんと
同じで、一時の感情に流され自分達の
愚かな選択を後悔する事になります。

 

毎話SEXシーンがある過激な
作品ではありますが、ストーリーは
大変物悲しい哀愁漂う「神様の怨結び」。

 

1巻後半から更に物語は複雑に
展開してゆき、クチナワと
クビツリの関係や「呪い」を
発動した後の少女達を統率する人物。

 

そして、櫻ちゃんも刑事となって
再登場しちゃったりと巻数が進む度に
目が離せなくなっていますので、
是非、男女問わず手に取って頂きたいと思います。

 

 

気になる方はこちら。。

↓↓無料試し読みができます↓↓

>>> BookLive! <<<

【神さまの怨結び】検索してください。

 

 

 

 

漫画カテゴリー