マンガマニアによる、スマホ漫画ネタバレ&感想&あらすじ♥

漫画【君の膵臓をたべたい】キミスイ・小栗旬・北川景子・映画化/青春ラブストーリー

キミスイ

mangamania
元書店員漫画マニアママです!

今日もお付き合い下さい

 

 

スポンサーリンク


 

感想・読み手

「キミスイは活字苦手な方におすすめ。」

 

今日、ご紹介するのは「君の膵臓を食べたい」という作品。

 

元々は住野よる先生の小説なんですが、
コミカライズされて最近、上巻が発売されました。

 

凄いタイトルでしょう?
タイトルが猟奇的な為、ホラーや
サスペンスを連想された方もいらっしゃると思います。

 

私も最初、書店で小説版を見かけた時に
かなり猟奇的なサスペンスホラーと思って
購入したワケですが、実際は青春ラブストーリー。

 

騙されました(笑)。

 

しかし、そのおどろおどろしい
タイトルと感動的なストーリーの
ギャップが話題を呼び、2015年6月に
発売されてから約二年足らずで累計発行部数は70万部を超えました。

 

しかも実写映画化も決定し、小栗旬さんや
北川景子さん出演で、7月28日に全国で公開予定となっています。

 

泣ける恋愛ドラマという事もあり、
特に女子高生に人気の作品で巷で、
通称「キミスイ」と呼ばれています。

 

私は小説も漫画もどちらも
読む方ですが、やはり漫画に
比べると小説は文字ばかりなので、
毛嫌いする方多いですよね。

 

私の知人も活字が苦手な為に
「話題になってるけど小説だから…」と、
敬遠してる人います。

 

やはりいくら素晴らしい映画でも、
原作には敵わないんで勿体ないと思います。

 

そんな方こそ、このコミカライズされた
上巻を読んでみられてはどうでしょうか?

 

絵柄も可愛らしく、カラーの
表紙や見開きも鮮やかな色使いで、
小説版のイメージそのままです。

 

そしてコミカライズ読んでから、
原作に挑戦するっていうのも手ですよ。

 

この原作小説、学生の読書感想文にも
勧められる程で、登場人物も少なく
シンプルな世界観、変に凝った比喩表現を
使わず、会話のテンポが良い感じで本当に読みやすいんです!

 

私も40分かからずに原作を読んで
しまった程、一気読み出来るおススメ作品です。

 

小学校高学年(特に女子)でぐらいで
あれば、問題なく読めますので、
夏休みの読書感想文の宿題に使用されると良いかもしれません。

 

これがキッカケで小説読んでくれる方が増えると嬉しいですね。

 

↓↓↓こちらで無料試し読みができます↓↓↓

>>>まんが王国<<<

【君の膵臓をたべたい】と検索して下さい。


 

あらすじ

「第二のセカチューと呼ばれるキミスイ」

 

ではこの泣ける作品「キミスイ」の
簡単なあらすじをご紹介したいと思います。

 

高校生である主人公の僕は、
他人に対して興味もなく、
かなり人間関係に関してドライな少年です。

 

友達も特に作る事もなく、彼女なんて論外です。

 

そんな僕がひょんな事から、
ある女の子の日記帳(共病文庫)を拾う事で、
物語は動き出します。

 

その日記は同じクラスの人気者で
ある山内桜良(ヤマウチ サクラ)のものでした。

 

興味本位から読んでしまった僕は、
桜良の家族以外知る事のなかった
秘密を知ってしまいます。

 

それは、桜良は膵臓を患い、
余命いくばもないという事。

 

桜良の秘密を知った唯一の
人物である僕は、それがきっかけで
性格の正反対の桜良と交流していく事になります。

 

最初は天真爛漫な桜良を煩わしく
思っていた僕ですが、桜良の前向きな
考え方に感化され、徐々に人と向き合う
事の大切さに気がついていきます。

 

しかし、そんな2人を待ち受けて
いたのは、とても非情で残酷な運命だったのです…。

 

まぁ、よくあるパターンと言えば
それまでなんですが、何と言っても読みやすい!

 

そして、心を揺さぶる感動青春物語でした。

 

良くこの「キミスイ」と比較されるのが、
片山恭一先生の「世界の中心で愛を叫ぶ」
なんですが…確かに設定似てますよね。

 

そのせいか「第二のセカチュー」と呼ばれています。

 

2004年に公開された「セカチュー」は
興行収入85億円もの数字を叩きだし
ましたが、この「キミスイ」の実写映画も
それも超えるのではないかと言われています。

 

今回の映画の配給元は東宝。

 

去年は「シンゴジラ」や「君の名は」
等の大ヒット作に恵まれ、
株価も物凄い事になっていました。

 

今年もこの「キミスイ」をはじめ
「3月のライオン」「ジョジョの奇妙な冒険」
「ちょっと今から仕事やめてくる」等の
話題作が目白押しとなっていますので、
今年の株価も期待出来るのではないでしょうか。

 

 

↓↓↓こちらで無料試し読みができます↓↓↓

>>>まんが王国<<<

【君の膵臓をたべたい】と検索して下さい。


 

ネタバレ・登場人物

「ヒロインの最後に賛否両論」

 

さて「第二のセカチュー」として話題に
なってる、この「キミスイ」。

 

実写キャストや若干のネタバレ
含めて、登場人物達をまとめてみたいと思います。

 

まずは主人公である「僕」なんですが、
実はこの主人公、最後の最後まで
名前が隠されています(笑)。

 

作風的に「僕」の回想録となって
いますので、中々名前が明かされないんです。

 

この点もこの作品の面白い所なんです。

 

この「僕」は他人に興味がなく、
一人で部屋にこもって本を読むのが
好きな、ぼっち少年です。

 

かなりドライな彼でしたが、
桜良と知り合い、彼女の様な生き方を
したいと強く感じる様になります。

 

実写では、学生時代の「僕」を
DISHのボーカルである北村匠海さん。

 

大人になった「僕」を小栗旬さんが演じられます。

 

ヒロインの桜良(サクラ)は、
膵臓を患っており、余命いくばもない
という状況でも超ポジティブ少女。

 

「僕」とは、対照的で明るく、クラスの人気者です。

 

一見、おしとやかそうな少女に
感じますが、結構豪快で姉御肌。

 

「僕」に興味があり、自身が死ぬ前に
したい事に無理矢理突き合わせる強引さを持っています。

 

実写版では、泣けるアニメで有名な
「あの花」の実写ドラマで、
メンマを演じられた浜辺美波さんです。

 

他にも桜良の親友であり、
後に「僕」の友人にもなる恭子は、
学生時代を大友花恋さん。

 

大人になった恭子を北川景子さんが演じられます。

 

正直、恋愛ドラマが苦手な私
なんですが、それでもハマって
一気に読んでしまったこの「キミスイ」。

 

ヒロインを襲う、予想外の最後には
賛否両論あるのですが、私は逆に
死は誰にでも平等に訪れるという事を
実感させられる終わり方で良かったと思います。

 

ヒロインが死んでしまうという、
何とも悲しい終わり方ではある
のですが、最後はスッキリとした
爽やかで温かい気持ちになれる「キミスイ」。

 

本当におススメの作品ですよ♡

 

 

気になる方はこちら。。

↓↓無料試し読みができます↓↓

>>> まんが王国 <<<

【君の膵臓をたべたい】検索してください。

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

漫画カテゴリー