マンガマニアによる、スマホ漫画ネタバレ&感想&あらすじ♥

まんが【ヲタクに恋は難しい】ネタバレ感想・暇つぶしに持って来いのラブコメ漫画

mangamania
元書店員漫画マニアママです!

今日もお付き合い下さい

スポンサーリンク


感想・見所

「オタクは共感。一般人には暇つぶしに持って来いのラブコメ漫画」

 

 

今日ご紹介するのは「ヲタクに恋は難しい」です。

 

この作品も以前ご紹介した「ReLIFE」
の様にWeb漫画から人気に火がつき、書籍化しました。

 

ちなみに去年の「このマンガがすごい」
のオンナ編で第一位になった作品でもあります。

 

私もずーと気にはなってたんですが、
L版という事でお値段も少々お高い事もあり、
残念ながら読むタイミングを完璧に逃してしまっていたんですね。

 

しかし今回BOOKOFFに立ち寄ってみると、
破格の値段で置いてあり、さっそくまとめ
買いさせて頂きました。いや〜、BOOKOFFありがとう!

 

さてこの「ヲタクに恋は難しい」という作品。

 

そのタイトル通り、簡単に言ってしまえば
ヲタクカップル二組を主軸に描いた単純なラブコメになります。

 

しかし、同じヲタクである私はこの
登場人物達の気持ちが良くわかる!

 

私は自他共に認めるヲタクではありますが、
実は10代から20代前半まではヲタクという事が恥ずかしかったんです。

 

今でこそ山本美月さんや中川翔子さん、
神木隆之介さん等の好感度高い芸能人の
方がメディアを前にヲタクである事を
公表しており、ヲタク=キモい
というのが払拭されてきています。

 

でも、私が学生時代はそりゃぁ、
まだまだヲタクに対する世間の目は
冷たかったんですよ。

 

はぁ〜、生きやすい世の中になりました(笑)。

 

この作品に登場するヲタクも
見た目は普通の人達です(てゆーか、美形率高い)。

 

「電車男」みたいなディープな
ヲタクは出てきません。

 

なのであからさまなヲタクが
苦手な方にもすんなり読めちゃいます。

 

しかも毎回ほぼ読み切りなので、
めっちゃお手軽に読めてしまうんです。

 

ちょっとした空き時間とかに
サラッと読めたり、めっちゃ
熟読してる作品の合間に息抜きとして
読むのに最適な作品なんです。

 

作風としては「月間少女野崎君」や
「WORKING」みたいな感じです。

 

まぁ、笑いのツボとかは少々
マニアックな内容もある為、
アニメやゲームに興味ない方は
理解し難い部分もあるかもしれませんが、
胸キュン要素も含まれていますので、
ラブコメ好きな方におススメです。

 

 

 

↓↓↓こちらで無料試し読みができます↓↓↓

>>>BookLive!<<<

【ヲタクに恋は難しい】と検索して下さい。


 

 

あらすじ

「転職先はヲタク天国」

 

 

 

それでは簡単にこの「ヲタクに恋は難しい」
のあらすじをご紹介したいと思います。

 

主人公は26歳のOL百瀬成海(モモセ ナルミ)。

 

貧乳ではありますが、容姿は至って
可愛らしい女性です。

 

しかし、成海には周囲に
隠してる秘密があったのです。

 

それは、BL大好きな腐女子である事。

 

実は過去に腐女子である事が
バレてしまい、それが原因で
彼氏に何度もフラれた事があるのです。

 

特に最近まで付き合っていた
同僚の彼氏には、一年記念日を
前にしてフラれてしまい、
居た堪れなくなった彼女は転職する事になります。

 

次の職場や転職先では、新しい
出会いの為にも腐女子である事を
絶対隠すつもりでしたが、何と
会社の廊下で同僚と歩いてると、
見覚えのある男性とスレ違います。

 

そして思わず「宏嵩(ヒロタカ)?」と、
声をかけてしまうのです。

 

その男性は成海の幼馴染であり、
ゲームヲタクの宏嵩でした。

 

しかも宏嵩は成海がヲタクである事を知っています。

 

転職先で余計な事を言われては
かなわないと、成海は何とか
宏嵩との会話を早々に切り上げる事に成功。

 

無事に自分の秘密は守られたと、
安堵の表情を浮かべる成海ですが、
宏嵩に呼び止められ
「今度のコミケは参加するの?」と、言われてしまいます。

 

そぅ、この一言によって成海は
ヲタクである事が会社の同僚にバレてしまうんですね〜。

 

まぁ、焦りますよね。

 

私もちょっとパート先でアニメや
コミックの話ししたら、白い目で見られた事あります。

 

あんな風に見られるとマジで心が痛いです。

 

まぁ、現在は年もくって開き直って
オープンにしてますけどね(笑)。

 

成海も同僚である小柳花子
(コヤナギ ハナコ)さんに
白い目で見られるのかと思いきや、
何とこの同僚もヲタクである事が発覚。

 

その後はお互いを「ナル」「花ちゃん」と呼ぶ大親友になります。

 

そして、ヲタク仲間と思っていた
宏嵩も幼少期からの想いを成海に伝え、
見事二人はお付き合いする事になるのです。

 

その告白の仕方も笑えましたけどね〜。

 

何ともヲタクらしい告白の仕方でした。

 

さて、類友なんて言葉がありますが、
転職先が見事にヲタク天国になった成海。

 

実はあと一人、ヲタクキャラが
登場するんですね。果たしてそのもぅ一人とは…。

 

 

 

↓↓↓こちらで無料試し読みができます↓↓↓

>>>BookLive!<<<

【ヲタクに恋は難しい】と検索して下さい。


 

 

ネタバレ

「ヲタクWカップルの不器用な恋模様」

 

 

 

さてそれでは、もぅ一人のヲタクを
含め主な登場人物達をまとめてみたいと思います。

 

若干のネタバレ含んでいますので、
ネタバレOKの方のみお付き合い下さい。

 

まずは主人公の百瀬成海26歳。

 

アニメ・漫画・ゲーム・コスプレ
全般何でもござれの彼女。

 

ジャンルは広く浅くが基本であり、
流行りにのるタイプです。

 

仕事の方は一切ダメで、
お茶出しもろくに出来ず、
日夜残業続き。

 

ヲタクである事は恥ずかしいと
思ってるらしく、家族を含め周囲の
人間にはひた隠しにしています。

 

宏嵩の前でだけは、素直に自分を
さらけ出す事が出来る為、
彼の事を心の底から大事に思っています。

 

彼氏である二藤宏嵩(ニフジ ヒロタカ)。

 

ルックスも仕事も出来るハイスペックな
眼鏡青年です。根っからのゲームヲタク
であり、基本的にレベリングしなくてよい
ゲーム(各ゲー等)を好みます。

 

ゲーム意外には関心があまりなく、
成海からBLを勧められても、
すんなり読んで感想を言ったりします。

 

人嫌いというワケではありませんが、
人付き合いは面倒という考えを持ってる為、友人は極端に少ないです。

 

感情が表に出る事はほぼ皆無で、
周囲の人間には何を考えてるか
わからないタイプと思われています。

 

幼少期の時から成海の事を
想っており、再会を機に付き合う事になります。

 

成海の同僚でヲタク友達の小柳花子。

 

見た目はヲタクとはまったく
無縁のキャリアウーマンタイプ。

 

実はレイヤー界隈でも有名な男性専門コスプレイヤー。

 

宏嵩の余計な一言により成海が
ヲタクだと知り、自分も成海に
カミングアウトします。

 

それ以来、ヲタク談議に華を咲かせます。

 

基本アニメや漫画等も読み、
成海と知り合ってからは特に
BL本を大量に購入する描写が見られます。

 

そして忘れてはならないもぅ一人の
ヲタクが樺倉太郎(カバクラ タロウ)。

 

私が一番好きなキャラで成海・宏嵩・花ちゃんの先輩です。

 

見た目は強面で周囲からも
恐がられてますが、面倒見も良く、
成海と宏嵩のカップルを親目線で
見ている為、中々進展しない二人の仲を心配しています。

 

自分では成海や宏嵩に比べたら、
全然ヲタクじゃないと思ってますが、
十分な美少女ヲタク。

 

作中では「CCさくら」や
「マクロスF」が好きみたいで
タイトルが出てきます(ちなみにランカちゃ派)。

 

実は花ちゃんの彼氏であり、
学生時代からのお付き合い。…と、
言っても二人とも気が強く。

 

ヲタクのジャンルも正反対なのでケンカが絶えないヲタクカップルです。

 

基本的にこの4人が主軸となって、
展開するヲタクラブコメ。

 

ヲタクの為に普通のカップルとは
ちょっと違ったお付き合い。

 

例えば一般人の居酒屋デートも
成海&宏嵩の場合、PSP持参の
「モンハン」狩場となってしまう始末。

 

色気もへったくれもありません。

 

それでも普段感情を出さない宏嵩が、
たまに胸キュンセリフを言ってみたり、
普段強気な花ちゃんが樺倉先輩に甘える
シーンなんかは、可愛いすぎてたまりません。

 

Wヲタクカップルの不器用な恋愛模様。

 

笑って、泣けて、ツッコめる極上
ラブコメとなっていますので、
是非手に取って頂きたいと思います。

 

 

気になる方はこちら。。

↓↓無料試し読みができます↓↓

>>> BookLive! <<<

【ヲタクに恋は難しい】検索してください。

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

漫画カテゴリー