マンガマニアによる、スマホ漫画ネタバレ&感想&あらすじ♥

漫画【リバーシブルマン】ネタバレ・感想・閲覧注意!のグロ度MAX作品

mangamania
元書店員漫画マニアママです!

今日もお付き合い下さい

スポンサーリンク


あらすじ

「眉唾モノの都市伝説…その名はウラガエリ」

 

今日ご紹介するのは、ナカタニD先生の「リバーシブルマン」です。

 

これがまたかなり強烈な作品なもので、
独特の世界観と突拍子もない設定に、
思わず一気に読んでしまいました。

 

まずは簡単なあらすじからお話ししていきたいと思います。

 

ここ最近、都内で謎の変死体事件が多発していました。

 

その変死体とは、人間が脱ぎ捨てられた
かの様にウラ返しにされてる死体。

 

その名も「ウラガエリ」と呼ばれるもの。

 

この奇妙な猟奇的な事件に警察も
お手上げ状態であり、巷ではネットを
発信源に伝染病説や臓器売買説等の噂が独り歩きしてる状態でした。

 

そんなある日、とあるクラブで丁度この
「ウラガエリ」の新しい噂を話してる、チンピラ集団がいます。

 

その新しい噂とは、生きてる
「ウラガエリ」人間がおり、
何でもその「ウラガエリ」は全身女性器
の様な穴が存在している女子高生だと言うのです。

 

更に「ウラガエリ」の女子高生は
セーラー服の下にグルグル包帯を
巻いており、変なヌイグルミを持って、
この辺のクラブに出没してると言うのです。

 

何とも眉唾モノの都市伝説に大爆笑のチンピラ達。

 

しかし、そんなチンピラ達の目の前に、
その「ウラガエリ」と同じ格好の女子高生が現れます。

 

しかも超美人の女子高生です。

 

チンピラ達はさっそくその女子高生を
取り囲み、都市伝説が本当かどうか試すと言います。

 

一気に取り囲まれた女子高生ですが、
怖がりもせずにチンピラ達を挑発しトイレへと誘うのです。

 

期待に胸膨らませるチンピラ達は、
さっそく女子高生を襲い、包帯の
下へと手を入れ穴を確認。

 

そしてセーラー服を脱がせると、驚愕します。

 

何と女子高生の全身はツギハギだらけだったのです。

 

しかも女子高生は、そのツギハギの
部分に自ら手を突っ込み、体内に
隠し持っていた銃でチンピラ達を
慣れた手つきで次々と殺してゆくのです。

 

一体、「ウラガエリ」と呼ばれる彼女は何なのか…。

 

↓↓↓こちらで無料試し読みができます↓↓↓

>>>まんが王国<<<

【リバーシブルマン】と検索して下さい。


 

 

ネタバレ

「憎悪から生まれるウラガエリの真実」

さて、何とも奇妙な現象の「ウラガエリ」。

 

そして、体内に武器を収納してる謎の女子高生。

 

一体何の為にチンピラ達を殺したのか気になりますよね?

 

ここからは、その辺についてネタバレ
していきたいと思います。

 

ネタバレOKの方のみお付き合い下さい。

 

まずはこの謎の女子高生
なんですが、名前を北原流奈(キタハラ ルナ)と言います。

 

チンピラ達を殺した理由それは…ズバリ復讐相手を探す為。

 

流奈には姉がおり、この姉が
ある人物によって殺されてしまいます。

 

その人物とは、姉の元婚約者の弟です。

 

この男がまたストーカー気質があり、
優しくされた事で執拗に姉に執着
してしまいます(コレには原因があり、
同情しちゃう部分もあるんですけどね)。

 

そして姉を拉致監禁し、薬漬けに
して殺してしまうのです。

 

姉の変わり果てた姿を見た
流奈は、犯人に対し怒りと
憎悪を露わにします。

 

そして丁度その時に「ウラガエリ」の体験をするのです。

 

詳しい事はわかっていませんが、
この「ウラガエリ」とは人間が
過度のストレスを感じた時に
起こる現象らしく、外部からの
過剰な抑圧や怒り、憎悪に反応する様です。

 

そして突然自身の内部で声が聞こえ
「ウラガエリ」をする様に囁きます。

 

その声が言うには「ウラガエリ」とは
新たな力を持って生まれ変わる事。

 

今の辛く苦しい感情から
解放され楽になる…と、言うのです。

 

しかし流奈は「ウラガエリ」を拒否。

 

自分は自分のままで姉を殺した
人物に復讐すると突っぱねるのです。

 

だから「ウラガエリ」が中途半端
となり、流奈の体にはツギハギだらけになってるんですね。

 

でもこれで良かったんです。

 

実は「ウラガエリ」してしまうと、
己の欲望が全面に押し出され
理性がなくなる様なんです。

 

ちなみに流奈の姉を殺した
犯人も、とある理由により
「ウラガエリ」した人間。

 

そのせいで理性のきかなくなった
犯人は、自身の家族を手術と
称して殺害し、好意を持っていた
流奈の姉をも殺害してしまうんです。

 

要は「ウラガエリ」が完了すると
ただの化け物になってしまうんですね。

 

何とも恐ろしい話しです。

 

しかも読み進めていくと、
この「ウラガエリ」した
人物達を利用しようと目論む
ある組織まで登場したりして、
今後の展開も見逃せないものとなっています。

 

 

↓↓↓こちらで無料試し読みができます↓↓↓

>>>まんが王国<<<

【リバーシブルマン】と検索して下さい。


 

 

 

感想・読み手

「閲覧注意!のグロ度MAX作品」

 

いや〜、何とも謎の多い「リバーシブルマン」。

 

しかし、謎も気になる所なんですが、
この作品の見所は何と言っても
超過激なグロ描写とエゲつない内容です。

 

グロ系大好きな私も
久しぶりにここまで
グロMAXでくる作品は久しぶりに読みました。

 

とにかくグロいし、読んでて思わず
「痛い」と叫んでしまいそうな描写が
たっぷり詰まってるんです。

 

今まで私が読んだグロ作品で
衝撃を受けたのは「多重人格探偵サイコ」
と「殺し屋いち」「少女椿」なんですが、
あれにヒケをとらないグロさです。

 

…とゆーか、ある意味この3作品をも
超えてしまったのではないかと思います。

 

「多重人格探偵サイコ」は
確かに画も綺麗で、写実的な死体は
グロかったのですが、何せ美し過ぎるんですよ。

 

何か芸術的な域に達してる感じなんです。

 

「殺し屋いち」と「少女椿」に
関しては、確かにエログロだし、
読んでてめっちゃ痛いシーンや
エゲつないシーンの連続なんですが、
画の好みがハッキリ分かれる作品(万人受けしない)となっています。

 

しかしこの「リバーシブルマン」に
関しては、画も丁寧で綺麗。

 

しかも万人受けしやすい画なんですよ。

 

だからこそ私は、ある意味
このグロ3作品も超えるのではないかと思うんですね。

 

でも万人受けしやすい画といえ、
内容はかなり過激。

 

ここ最近、エゲつない内容で
話題になった「善悪の屑」と
「外道の歌」という作品ありますよね。

 

あれは理不尽な殺され方をした
被害者の家族や知人が、主人公達に
依頼し、加害者側にかなり残酷な
復讐を果たすというストーリー。

 

しかも実際にあった事件
(コンクリート事件や尼崎事件等)を
モデルにしており、その辺りでも話題になっています。

 

この「リバーシブルマン」も
同じ様な感じの復讐劇
(こちらの場合は依頼するワケでなく
己で復讐していく形)。

 

しかも2巻に収録されてる話しは、
コンクリート事件を彷彿とさせるお話しになっています。

 

その点から言えば、「善悪の屑」や「
外道の歌」等の復讐劇がお好きな方に
おススメの作品だと思いますし、
とにかくグロい漫画が大好き
という方にうってつけの作品となっています。

 

ただ、そんじゃそこらのグロさ
でないのは確かですので、覚悟して読んで頂きたいと思います。

気になる方はこちら。。

↓↓無料試し読みができます↓↓

>>> まんが王国 <<<

【リバーシブルマン】検索してください。

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

漫画カテゴリー