マンガマニアによる、スマホ漫画ネタバレ&感想&あらすじ♥

まんが【シャッフル学園】ネタバレ・ゴスロリ美女に驚愕の結末!その正体とは…。犯人はいったい!!

mangamania
元書店員漫画マニアママです!

今日もお付き合い下さい

スポンサーリンク


あらすじ

「無差別大量殺人犯が突然の乱入!」

 

今日ご紹介するのはホリユウスケ先生の「シャッフル学園」です。

 

これがまた怒涛の展開、先の読めない
展開に思わず唸ってしまう程の
大変スリリリングな漫画なんです。

 

まずは簡単にあらすじからお話ししたいと思います。

 

主人公は男子高校生の鈴森静馬(スズモリ シズマ)。

 

いつもの様に学校へ友人達と登校していると、
至る所から街中でパトカーのサイレンが鳴っています。

 

実は静馬の住む街に前代未聞の
大量殺人犯が潜伏してるらしく、
警察と政府が躍起になって殺人犯を追ってるのです。

 

しかし静馬にはそんな事は全然関係ない話。

 

いつもの様に学校へ行き、気に
なってるクラスメートの一見かなで
(ヒトミ カナデ)の可愛い笑顔が見れればそれで幸せなのです。

 

授業中も静馬は、かなでちゃんが
気になってよそ見し、先生に怒られます。

 

その直後、パトカーのサイレンが
近づいたかと思うと、校庭に
複数のパトカーが急行してるのです。

 

しかも校舎から生徒達が
逃げ出しており、タダ事ではない様子。

 

すぐに校内放送が流れ先生達に、
至急職員室へ戻る様に指示がきます。

 

先生も何事かと、静馬達に
教室で待機する様に指示を出すと職員室へ急いで行きます。

 

ヘリの音も近づいてきて、
クラス中その緊迫感に騒然とします。

 

「もしかして殺人鬼が…」そんな時、
廊下側の窓に突如として真っ赤な血が飛び散ります。

 

「アンタ口くさい…フタをしよう」…と、
廊下から聞こえたかと思うと、
教室の扉が開き何かが投げ込まれます。

 

それは、口いっぱいに自身の
指を詰め込まれた先生の生首だったのです。

 

クラス中が阿鼻叫喚で
大パニックになってる中、
鉈を手にしたスキンヘッドの
男性がゆっくりと教室へ入ってきます。

 

そぅ、この男性こそ警察
・政府から追われてる、
巷で噂の冷酷無慈悲な殺人鬼だったのです…。

 

 

↓↓↓こちらで無料試し読みができます↓↓↓

>>>BookLive!<<<

【シャッフル学園】と検索して下さい。


感想・見所・読み手

「ただのグロサバイバル漫画で終わらない」

 

まぁ、グロサバイバル漫画
という事で私も読み始めたワケですが…

 

これがまた教室に突然現れる
殺人鬼…平凡な日常が突如として
非日常に変わってしまう系。

 

いや〜、私こういう系大好きです。

 

王道と言えば王道ですが、
やはりこの手の展開には胸がワクワクさせられます。

 

ここから高校生VS殺人鬼の攻防戦!

 

っと…思いきや、実はこの作品
ここからまた衝撃の展開になっていくんです。

 

これには私もビックリで、
王道パターンを見事に覆し、
新たなエッセンスを加える事で
他のサバイバル漫画とは違う路線に向かっていきます。

 

あんまり言うとネタバレになって
しまいますし、この部分は言って
しまうと楽しみが半減してしまうので、あえて言いません。

 

まぁ、しいて言うならこの
「シャッフル学園」という
タイトルがヒントになります
(だいたいの方がわかりますかね)。

 

おかげで先の展開は読めないし、
SF、心理戦やミステリー要素も
加わり色んな楽しみ方が出来る作品となっています。

 

この辺りが、この「シャッフル学園」の
見所でもありますし、王道サバイバル
漫画に飽き飽きしてこられた方には
大変おススメ出来る作品になっています
ので、是非手に取って頂きたいと思います。

 

ちなみに一つ言っておくと、
表紙はあられもない巨乳美女が
飾っている巻数もありますが、

 

お色気シーンは皆無となって
いますので、エログロを期待される
方には少々残念な結果にねると思いますのでご注意下さいね(笑)。

 

 

↓↓↓こちらで無料試し読みができます↓↓↓

>>>BookLive!<<<

【シャッフル学園】と検索して下さい。


ネタバレ

「ゴスロリ美女に驚愕!その正体とは…」

 

さて、あらすじ読む限りでは
この凶悪な殺人鬼。

 

パトカーも複数出動してますし、
果ては政府関係者まで出て来る程の凶悪さ。

 

一体どんな大量殺人をやったのか気になりませんか?

 

ここからはこの凶悪な殺人鬼の
犯した事件についてネタバレして
いきたいと思います。

 

ここからはネタバレになります
ので、ネタバレNGの方はご注意下さい。

 

「私つまらない人間なんです」。

 

「つんまらないだなんて何
言ってるんだよ。おネーチャン
とっても素敵だよ」…と、

 

ファミレスで一人のゴスロリ
巨乳美女と一人の中年トラック運転手が会話しています。

 

どうやらトラックで山の中を
走行中に中年男性は、ヒッチ
ハイクしていたゴスロリ美女を
見つけ声をかけた様です。

 

若干下心もある様なので、
あわよくば…とでも思ったのでしょうね。

 

男性は終始デレデレしながら
何故あんな山の中にいたのか訊ねます。

 

すると、思ってもいない返答が返ってきます。

 

「実は私…殺人犯で逃亡中なんです。今日も殺っちゃいました」。

 

笑えない冗談に思わず、顔がひきつる中年男性。

 

そんな彼を後目にゴスロリ美女は淡々と話しを続けます。

 

彼女が言うには、天気が良かったので
ゴスロリの格好で山へ来たら、
スレ違うカップルや大学生
グループに格好の事をバカにされたらしいのです。

 

だからその辺の岩を使って、
次々と頭をカチ割って殺していったと言います。

 

しかもその山の付近で警察のヘリが上空を飛び回っているのが見えます。

 

それを聞いた男性は顔面蒼白…
そして彼に更なる追い打ちがかかります。

 

「この格好にも飽きてきちゃいました」…

 

そう言うと彼女はおもむろに
カツラを取り、つけまつ毛を外し、
胸に手をいれたかと思うと、
シリコン製の詰め物を出したのです。

 

そう彼女は男性であり…

 

彼こそ静馬の学校に乱入してきた殺人鬼です。

 

そして「カワイコちゃんだなんて
オジサン人間の外見なんて
アテにならない…大切なのは中身でしょう」。

 

その瞬間、中年男性の頸動脈から
物凄い血しぶきが流れ、ファミレスは騒然。

 

ステーキナイフで中年男性の首をかき切ったのです。

 

そしてその後に店員も殺し、
店内にガスを充満させ火をつけます。

 

炎上するファミレスを後にし殺人鬼はつぶやきます。

 

「私は本当につまらない…面白くなりたい」と。

 

文章だと伝わりにくいですが、
まぁこの殺人鬼が超ヤバい。
山での殺しの描写は脳みそ飛び出してますし、グロいのなんの。

 

しかも殺人鬼の口ぶりからして
他にもたくさん殺してるみたい
ですし、表情もあまり変わらないので不気味の一言。

 

こんな殺人鬼を相手に一体、
静馬達はどぅ生き延びるのでしょうか?

 

ラストも良い意味で期待を
裏切られますので、是非読んで頂きたいと思います。

気になる方はこちら。。

↓↓無料試し読みができます↓↓

 

 

>>> BookLive! <<<

【シャッフル学園】検索してください。

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

漫画カテゴリー